忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日はコレとお味噌汁と漬物だけでごじゃいまする・・。

鯖缶じゃが(トマケチャ味



醤油大匙2

トマトケチャップ大匙2

酒50CC

じゃが芋3個

鯖缶

玉ねぎ1/2

人参少量

生姜少々

水ひたひた程度


家の者に鯖缶とかの煮物嫌いな奴一名!

生臭いと申しまする・・。

美味いのにね・・。

なので、鰯のトマト煮とか青さかなのトマト煮みたいなのがあるじゃないですか?

あれ結構生臭さ取れてるような気がしたんで醤油を少なめにしてお酒と生姜とトマトケチャップで煮てみました。

美味い!

けどめっちゃ醤油味のやつと変わった!て感じは・・。

でも、生臭さは全く無かったであります。

これなら奴も食べてくれるかと思い気や・・、
見た目で文句言いやがった!

無理やり食わせたけど・・・。

ポチ応援よろしくお願いします。


PR
只今、ある事情により

買い物行けない!行かない!の日々を送っておりまする。

なので季節外れの食事と相成りました・・。

晩ご飯


冷凍してたものがちらほら・・。

アボカドとトマト、紫キャベツの中華サラダ

/>

ドレッシングはごま油とポン酢、塩黒コショー。

これ、今はまっています!ごま油とアボカド合いまするね。

塩秋刀魚



旬の頃の秋刀魚には劣りますが、
1匹55円という安さでしたのでたくさん買って冷凍してあります。

お味はそれなりに・・w

ちょびおでん



昆布だしと鰹だしの関西風です。

味付けは塩と酒だけ!

さっぱりで汁まで飲めまする。

一旦下湯でしたものを味付けしたダシで煮て覚まして味をしみこませたものをもう一度温めたものです。

熱燗・・、ほちぃいい・・。

菊名と油揚げの味噌汁



かなり、品数減ってきた我が家でありました・・。

季節のものって・・、おでんと菊名だけ??

今までが食べすぎの私だったので丁度宜しいかとも・・、
お酒も減ればいいんだけど・・。

こちら応援していただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ
鮭の白子の油煮


鮭の白子を油煮にしてみた。

白子は先ず塩をしておいて置き、片栗粉で洗う。

洗った白子に白ワイン、醤油又はナンプラーをふり、30分ほど置く。

鍋に水分を切った白子を並べ再び少量の白ワイン(大匙1位)をふり強火で一気に沸騰させてアルコールを飛ばす。

沸騰したら直ぐに火を止めそこにオリーブオイル又はサラダ油を白子が隠れるくらいとぼとぼと入れる。

最後に叩いた大蒜、ローズマリー、ローリエなど好みのハーブを入れる。
オーブンで一番低い温度に設定し10分焼く。

15分たっても出さずそのまま素手で触れる位まで置いておく。

余熱で中までじっくり火が通るのでふっくら出来上がる。

写真は乾燥トマトのオイル漬けとその油を使ってみた。

オーリーブオイルである。

絶対に美味いので是非お試しを。

冷蔵庫に入れたら1週間は持ちます。

直ぐになくなると思うけど・・。

鮭の白子キムチ




鍋に水を入れ沸騰させたものに白子を入れる。

すぐに蓋をして火を止める。

15分も置くとふんわり中まで火が通り生臭身もでない。

それに市販のキムチの素で和えるだけなのだが・・。

こんなの料理とはいえないかもです・・。

とにかく美味いのでお試し下さい。

〆鮭の山葵クリームチーズ和え


刺身用の鮭に濃い目の塩をして冷蔵庫に一日置く。

一日たったものを水で洗い流し、少量の昆布とひたひたになるくらいの酢を注ぎ冷蔵庫で保存。

一週間くらいは保存が利く。

使いたい時に取り出し、水で洗い使う。

今回は〆た鮭をクリームチーズと山葵と和えてみた。

味が薄ければ少々の醤油をたらして食べても美味い。

生臭身は一切ないから何とでもよく合う。

大根などと膾にしても美味い。

昆布と大根で挟んで挟み付けも良いだろう。

お試しあれ。

ミミガーの梅酢漬け




ミミガーを湯通しします。

鍋で、みりんと水・梅酢を(梅酢の濃さにもよるので味を見ながら調節してください)一旦沸騰させアルコールを飛ばしすぐに火をとめます。

粗熱が取れたら昆布とミミガーを入れ冷蔵庫に入れ、一時間後くらいから食べれますが、一日くらい置くと味が落ち着きいっそう美味しくいただけます。

大根や、蕪なども一緒に漬けても良いです。

味付きミミガーは湯通ししなくても良いですが、梅酢を加減して使ってください。

保存は冷蔵庫で、一週間は持ちます。

あっさりした物がお好きな方どうぞお試しあれ。

手前のほんのり赤いのが梅酢漬けでありまする。

魚味噌




普通は白身の魚でやるのだがヤズが安く新鮮だったので、今日はヤズで作
ってみた。

先ずは新鮮な魚を丸(味は落ちるが身だけ焼いてもOK)ごとグリルで素焼きにする。

骨から身を取り出しそれに薬味と味噌を混ぜるだけなのだが酒のあて、ご飯の友になる。

薬味に必ず入れて欲しいのが生姜だ。

紫蘇、茗荷などもあれば格段に美味くなる。

(注意)味噌はなるべく控えめに、
美味いので食べ過ぎると後で大変なことになる。

これまた、右はきゃらぶき・・・。

秋刀魚の塩辛(ちどりん風)




刺身用の秋刀魚からお腹の腸だけ別にして三枚に下ろす。

秋刀魚を細かく切り、ふり塩をして笊に開けて冷蔵庫へ。

腸の方は細かく叩き、塩を濃い目にして小鍋で炒りつける。

冷蔵庫から秋刀魚を出し軽くキッチンペーパーなどで表面を拭く。

(生臭身をとるため)
保存用のタッパーなどに身と要った腸を入れ、酒を(1匹につき大匙一杯が目安)注ぎ込み和える。

その日でも良いが、日持ちさせるためには身用の塩を大目にし、お茶漬け・その他、色々な料理に使うと良い。

塩が甘い場合はその日のおつまみにどうぞ。

塩は後からでも追加できるので味をみてからのほうが良いでしょう。

ちなみに左はキャラブキであります。

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
chido
性別:
女性
最新記事
(11/29)
(11/15)
(11/11)
(10/31)
(10/25)
最新コメント
[11/07 くぅ]
[09/06 くぅ]
[06/27 くぅ~]
[01/09 くぅ~]
[05/23 kukkie]
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: